wRC(Weighted Runs Created)


【概要】

打者が創出した得点数を表す指標。数字が大きいほどチームに多くの得点をもたらしている打者と評価でき、リーグ全打者のwRC合計はリーグの得点数合計に等しくなるという性格を持つ。打席数が多い選手ほど多くのwRCを稼ぐ機会が与えられていることになり、打席数が異なる選手同士の単純比較はできない。



【計算式】

wRC=((wOBA-リーグ平均wOBA)÷1.24+リーグ総得点÷リーグ総打席)×打席



【背景】

wOBAは打者の働きを打席あたりの「率」の形で表す評価指標であり、その打者がどれだけ多くの得点を創出したのかは表さない。またwRAAも、得点を単位とする指標ではあるが平均との差分を表すため、例えば100打席でwRAAが+5の打者と600打席でwRAAが-2の打者との比較でも前者が優れているという見た目になり、働きの絶対的な量としてどれだけの得点を創出しているのかが把握しづらい。


これらに対してwRCは、wRAAにその打席数における平均的な得点創出を足し合わせる形の計算を行うことによりその打者が創出した得点の総量を知ることができる。積み上げた貢献の量を評価する際に便利な指標である。


もっともその代わりとして、打席あたりの生産性(wOBA)が劣る打者でも出場の量が多ければ数字を積み上げることができるため、得点を創出する能力の優劣を評価するのには向いていない。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる