UZR

ultimate zone rating 守備全般での貢献



守備の貢献を同じ守備位置の平均と比較して得点化した守備指標。

基本的な考え方はDRSと共通しており、打球を位置、種類、速度ごとに細分化した上で

守備者のプレーが失点抑止にもたらした影響をプレーごとに計測していき、

さらに失策や併殺完成、送球による失点抑止への影響を加算したものが最終評価となる。

ミッチェル・リクトマンが開発した。