HR/FB


フライ打球に占める本塁打の割合。平均は10%前後。フライを本塁打にできるかどうかは打者の長打力が反映されるため、打者の長打力を表す指数として用いられる。


また、打者の本塁打数に変化があった場合に、その要因がフライ打球が本塁打になる割合の変化によるものなのか、フライ打球自体の増減によるものなのかを調べることにより内容を分析することもできる。すなわち、フライが本塁打になる割合が減少したのであれば長打力が減少したという可能性が考えられるし、フライ自体が減ったのであればゴロやライナーを中心とした打撃にスタイルを変えた可能性が考えられる。


投手の側から見ると、打たせる打球の中にフライが多いかゴロが多いかは投手のタイプによって異なるが、フライに占める本塁打の割合を能力によって低くおさえることは難しいとされている。したがって長い目で見ると投手のHR/FBは平均値付近の水準に落ち着く可能性が高い。このため短期的にHR/FBが高い又は低い投手は運・不運によって成績が上下しているとみなされる。


なお、広い球場をホームとする球団の選手は低く出やすいなど球場の影響を受けやすい点は注意が必要である。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる