長打率(Slugging Average)


1打数あたり、平均してどれだけ塁打を得たかを表す指標。平均は.400前後。塁打とは「1×単打+2×二塁打+3×三塁打+4×本塁打」で計算され、打者走者が進んだ塁の数で加重した安打数である。安打が全て単打の場合、長打率は打率に等しくなる。


長打率は長打力のみを評価する指標ではなく打率自体が高ければ高くなる傾向にある。より長打力のみを純粋に評価するためには長打率から打率を差し引いたISO(Isolated Power)が用いられる。


また長打率と出塁率を足し合わせると、四球や長打を総合的に考慮して打者を評価する指標のOPSとなる。さらに近年ではwOBAという指標が開発されており、これは得点期待値の原理に基づいて安打や四球など各項目を重み付けし、OPSよりもさらに正確に打者の得点への影響を評価する。


【計算式】

長打率=塁打÷打数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる