wRAA(Weighted Runs Above Average)


【概要】

同じ打席数をリーグの平均的な打者が打つ場合に比べてどれだけチームの得点を増やしたか、または減らしたかを表す打撃指標。平均的な打者であればゼロとなり、平均より優れた打者では正の値、平均より劣る打者では負の値となる。wRAAが10であれば、理論的にはその打者が打つことによって同じ打席数を平均的な打者が打つ場合に比べてチームの得点が10点増えたと評価できる。



【計算式】

wRAA=(wOBA-リーグ平均wOBA)÷1.24×打席



【背景】

wOBAは打者の働きを打席あたりの「率」の形で表す評価指標であり、その打撃によって得点数の意味でどれだけの利得がもたらされたのかを知ることはできない。そこで打席数も加味した上で利得の多さを表す形に変形したものがwRAAである。


例えばある打者のwOBAが.355で、リーグ平均wOBAが.330であるとすると、打席あたりでは (0.355-0.330)÷1.24=0.02 だけ平均的な打者に比べて得点を増やす打撃であることになる(wOBAscaleと呼ばれる1.24の数字で割るのはwOBAの係数が得点価値よりもそれだけ大きくされているため。詳細はwOBAの「背景」項目を参照)。この打者が500打席に立っていれば0.02に500を掛けた10点分、チームの得点に上積みをもたらしたと評価できる。600打席であれば12点である。


すなわち一般的に言ってwRAAが高い打者というのは、打席あたりで見て平均的な打者よりも優れた打撃をしており、かつ出場した打席数も多いような打者であることとなる。wOBAがリーグ平均以下の打者であれば、wRAAは負の値となる。


打者の貢献度を評価する際、その打者によってどれだけ得点の優位性がもたらされたかを知ることができ大変有用な指標である。wRAAは総合評価指標WARを計算する上で打撃評価の基礎にもなっている。


なお平均との差分ではなく、同じ打席数で平均的な打者が創出する分も足し合わせて「創出した総得点」を表す形に変換したのがwRCである。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる