wSB(weighted Stolen Base runs)


盗塁での貢献を得点化した指標。リーグの平均的な走者と比べてどれだけ多く盗塁で得点を生み出したかを表す。


平均的な走者であればゼロとなり、優れた走者では正の値、平均より劣る走者では負の値となる。wSBが3であれば、理論的にはその走者が盗塁することによって同じ盗塁企図を平均的な走者が走る場合に比べてチームの得点が3点増えたと評価できる。


チームの得点に与える影響という意味では、一般的に盗塁の失敗による損失は盗塁の成功による利益の2倍にのぼる。盗塁の成功数や盗塁成功率による評価では得点のインパクトでチームにどれだけの利得を与えたのかを把握することは難しいが、wSBでは具体的に得点の価値で盗塁に関する働きを評価することができる。


当サイトではUBRとwSBの合算値をBsR(Base Running)として、走塁の総合評価値としている。


【計算式】

wSB=A−B×C

 A=(盗塁×盗塁得点)+(盗塁死×盗塁死得点)

 B=(リーグ総盗塁数×盗塁得点+リーグ総盗塁死数×盗塁死得点)÷(リーグ総単打+リーグ総四球+リーグ総死球-リーグ総敬遠)

 C=単打+四球+死球-敬遠


※シーズンによって異なるが盗塁得点は通常は0.20前後、盗塁死得点は-0.40前後である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる
©2015-2018 Copyrights Allright Reserved DELTA, Inc.