WPA/LI(Context Neutral Wins)


【概要】

局面の重要度を平準化した場合のWPA。局面の重要度は加味しないという前提において、その選手によってどれだけチームに勝利の見込みの増減がもたらされたかを表す。



【背景】

前提となるWPA及びLIについての詳細はそれぞれの項目を参照のこと。


WPAは局面の重要度も含めて、もたらした勝利確率の増減を評価する指標である。どれだけ重要な局面で出番が回ってくるかというのはその選手の働きによらないため、異なる選手同士のWPAを比較してもその差が各選手の働きによるものなのか、あるいはWPAを稼ぎやすい重要な局面が回ってきた度合いの差なのかはわからない。


そこで選手の働きに焦点を当てたい場合のために、WPAをLIで割ることにより局面の重要度を平準化するのがWPA/LIである。WPA/LIでは局面の重要度は平準化されるが、単なるLWTSとは異なり状況自体は考慮される。例えば四球でも本塁打でも勝利に与える影響が等しいような状況(同点の9回裏満塁など)ではWPA/LIはLWTSと異なり四球と本塁打に同じ重みを与えて評価する。


なお、個々のプレーについてWPAをLIで割った値の合計がWPA/LIであり、シーズン合計のWPAをpLIで割る場合とは結果が異なる点に注意が必要である。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる
©2015-2018 Copyrights Allright Reserved DELTA, Inc.