• 1.02 Column


プロ野球はいよいよ2019年のペナントレースが29日に開幕するが、それに先立ち今季を展望してみよう。 内野手3人が一、二塁間を守り、三遊間には一人だけ――。打者に応じて野手が極端に移動する守備シフトが日本でも見られるようになってきた。この戦術、定位置なら抜かれていた当たりをアウトにできる半面、正面だったはずの打球が安打になってしまうこともある。トータルでの採算は合っているのか。


(こちらの記事の続きは、 「日経Web」にて、お読みいただけます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る
©2015-2018 Copyrights Allright Reserved DELTA, Inc.