DRS(Defensive Runs Saved)


DRS(Defensive Runs Saved)とは同じ守備機会を同じ守備位置の平均的な野手が守る場合に比べてどれだけ失点を防いだかを評価する指標である。その守備位置の平均的な守備者のDRSはゼロとなり、優秀な守備者は+10や+20といった数値になる。米国のデータ会社Baseball Info Solutions社によって算出が行われており、詳細な数値や関連する研究は書籍のThe Fielding Bibleシリーズに収められている。



FanGraphsに掲載されているWARはUZRを守備評価として採用しているのに対し、Baseball-ReferenceのWARはDRSを採用している。


考え方や算出方法は基本的にUZRと共通しているため、詳細についてはUZRの項目を参照。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる
©2015-2018 Copyrights Allright Reserved DELTA, Inc.