• 1.02 Column



目指すべきは「ディフェンスの強化」と「現状維持以上の得点力」


阪神にFAで入団した選手としては最大の成功を手にし、引退後も絶大な人気を誇ってきた金本知憲が今シーズンより指揮をとる。オープン戦は12球団トップの成績で戦い終え、ここ数年優勝に手が届かず悔しい思いをしてきたファンの期待もいよいよ高まっていることだろう。


今オフの阪神の編成上の動きとしては、まずクローザーの呉昇桓と、主軸を打った外野手マット・マートンが退団した。一方で、2012年に阪神を離れ、MLBと四国アイランドリーグplusでプレーしてきた藤川球児が4年ぶりに復帰。また中日からベテラン左腕の高橋聡文を獲得しブルペンを補強。野手1名、投手2名の新外国人選手獲得も行った。


キャンプでは、江越大賀、横田慎太郎、陽川尚将、高山俊ら若手野手が存在感を見せ、外国人選手とベテランに偏り気味だったレギュラーの座に挑む段階に到達した。金本新監督が4人のような若手をラインナップにいかに組み込み戦力にしていくかは、真っ先に注目が集まる判断だろう。今回はデータを見極め、より具体的な判断点について探っていきたい。(こちらの記事の続きは、野球・MLBの総合コラムサイト「Full-Count」にて、お読みいただけます)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る
©2015-2018 Copyrights Allright Reserved DELTA, Inc.