• 1.02 Column


 昨年末、日本ハムの栗山英樹監督が「オープナー制」の導入に意欲的であるということが報じられた。オープナー制とは昨季MLBの一部の球団において実践された、試合当初の1、2回を、従来のリリーフ投手が担当する戦術だ。それ以降のイニングは従来の先発投手が引き継ぐのが基本的なパターンとなる。この試合当初に登板する投手の役割をオープナーと呼び、栗山監督は新入団の金子弌大のオープナー起用も検討するというのだ。


(こちらの記事の続きは、野球・MLBの総合コラムサイト 「Full-Count」にて、お読みいただけます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る
©2015-2018 Copyrights Allright Reserved DELTA, Inc.