• 1.02 Column



前回はセイバーメトリクスがどのように守備力を評価するかを紹介した。今回は打撃を取り上げたい。打撃に関する数字といえば、すぐに思い浮かぶのは打率、本塁打、打点だろう。いずれもタイトル争いが注目され、三冠王ともなれば球史に名を残すことになる。だが、これらの数字だけで打者の価値は十分に測れるだろうか。

例えば本塁打を1本打っても、走者の有無によって打点は1~4まで変わる。つまり打点は本人の打力だけでなく、前を打つ打者たちの出塁能力に大きく左右される。それに比べれば、打率や本塁打数は本人の打力を端的に示していることになる。では3割打てるが本塁打はシーズンに1桁ぐらいしか期待できない巧打者タイプと、打率は2割5分だが20本塁打を期待できる一発屋はどちらに価値があるのか。セイバーを使えば、こうした違うタイプの打者を同じ尺度で測れる。

(こちらの記事の続きは、 「日本経済新聞」にて、お読みいただけます)



関連記事
DELTA主催セミナー Leaders of Baseball Operations(リーダーズ・オブ・ベースボール・オペレーションズ)
野球解説者の予想をベースに順位予想を組み立てる ‐2018年版‐
内野手が「送球」でどれだけアウトを増やしたかを評価する
【2018年春】12球団最高の若手有望株は誰だ NPBトップ・プロスペクト・ランキング50
WAR改定(ポジション補正)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る
©2015-2018 Copyrights Allright Reserved DELTA, Inc.