以前の検証により、無死一塁からのバントが有効になる状況は極めて限定的であることが明らかとなった。今回は無死二塁からのバントについて検証してみたい。

検証の前提についての説明


まずは、今回の記事で扱うデータについて説明する。今回の記事で使用するデータはいずれも2016年から2019年までのNPBのレギュラーシーズンのものである。

また、この記事で「バントを試みた」「バント企図」といった場合、特に断りのない限りは、バントの構えをして投球がバットに当たりインプレーとなるか、3バント失敗で三振となった場合のみを指し、バントの構えをしていたがバットを引いた場合、バントの構えをしていたが空振りした場合、0ストライクまたは1ストライクでバントをしてファウルとなった場合は含まれていない。

「バントの機会」といった場合、特に断りのない限りは、打者がその打席を終了する直前の状態が無死二塁であった場合を指す。打席の途中で、走者が盗塁、暴投等で三塁に進塁したり、牽制でアウトになった場合は含めない。

さらに、打者の守備位置が投手の場合も今回の記事での検証からは取り除いた。投手は野手と比べて、打力が著しく低く、投手のバントと野手のバントとを同列に扱うことは相当でないからだ。無死二塁で打者が投手の場合とそれ以外の場合とで、どれほどバント企図率に差が出るかを以下の表1で示す。

pict

このように無死二塁で投手に打席が回ると80%以上でバントがされる一方で、それ以外の打者では全体の20%にも満たない。さらに、バント成功率(犠打もしくは安打が記録された割合)にも差が見られる。

pict

投手のバント成功率は70%台であり、それ以外の場合と10%以上の開きがある(表2)。

また、投手が打席に立った場合、多くの場面でバントをすることが有効となることは、ほぼ共通認識となっていると思われ、これ以上の議論をする実益にも乏しいと考えられる。そのため、この記事では、投手のバントについては、検討の対象から除外した。

最初にバントがどのようなときに試みられているかを整理する。監督がバントをするかしないかを判断する場合、あるいはそのバントをするという判断が妥当であるかを考える場合に、考慮するべき要素としてはさまざまなものが考えられるが、今回の記事で検討の対象としたのは以下の要素だ。

・イニング
・点差
・打者の能力
・投手の能力


これらの要素について、場合分けを行って、どのような場合により多くのバントが試みられているかを調べてみた。




イニングの影響


まずは、イニングごとのバント企図率を調べてみた(表3)。

pict

無死一塁の場合は、序盤から終盤に向かうにつれてバント企図率が高まる傾向が顕著だったが、無死二塁では同様の傾向は見られず、試合の中盤に企図率が低くなり、終盤に再度企図率が高まる。無死一塁の場合と比べると、イニングがバント企図率に与える影響は小さい。


点差の影響


続いて、点差とバント企図率の関係を調べてみた(表4)。

pict

2点以上ビハインドの状況ではほとんどバントは行われない。得点期待値的に考えるとほとんどの場合でバントは愚策となるため、2点以上が必要な場合にバントが試みられることはほとんどないようだ。

それ以外の場合、1点ビハインドから追いつく目的でバントが試みられる割合、同点からリードをする目的でバントが試みられる割合はいずれも20%を超えている。この点では無死一塁からのバントと同じ傾向だ。

ただし、無死一塁の場合はビハインド時よりも同点時、同点時よりもリード時でバント企図率が高かったのに対し、無死二塁からは同点時からのバント企図率が最も高かった。また、2点以上リードしている状況では、バント企図率はそれほど高くなく、ヒッティングが選択されやすい傾向が見られる。

イニングと点差を組み合わせた結果についても整理した(表5)。

pict

先ほどイニングのみを基準に場合分けを行った場合には、はっきりとしなかった傾向が明確になった。

点差が1点以内のケースでは終盤になるにつれてバント企図率は上昇し、7回以降は30%から40%と高い割合となっている。2点以上ビハインドの場合は、これらとは反対に終盤になるにつれてバント企図率が低下している。企図率自体は序盤からかなり低いものの、回の浅い内はいわゆる「1点ずつ返していく」という発想が少なからずはたらいている可能性がある。




打者の能力の影響


次に、打者の能力によってバント企図率がどのように変化するか調べてみた。ここでは打者をwOBA(weighted On Base Average)が①.350超、②.310超350以下、③.310以下の3グループに分け、それぞれのグループでのバント企図率を調べた(表6)。

pict

wOBAが.350を超えるような優れた打者①には、バントが指示されることはほとんどないようだ。しかし、wOBAが.310以下の打力の低い打者③の場合は30%を超えるバント企図率となっている。打力の低い打者ほどバントをする傾向が強いといえる。

では、このような打力の高い打者でもバント企図率が高くなる状況はあるのだろうか。ここまで調べた結果からすると、僅差の場合や試合終盤ではバント企図率が高くなる傾向があるが、これは打力の高い打者でも同様だろうか。

pict

打力の高い打者①でも、僅差の場合はバント企図率がわずかながら上昇するが、最も高い1点ビハインドの場面でも10%にも満たない(表7)。

続いてイニングの影響についても調べてみた(表8)。

pict

打力とイニングに着目して場合分けを行ってみたが、打力が高いグループ①と低いグループ③では終盤にいくほどバント企図率が高まる傾向が見られたが、打力が中程度のグループ②ではそのような傾向は見られない。こうした結果からも、走者一塁の場合とでは傾向が異なることがわかる。


投手の能力の影響


続いて、投手の能力によってもバント企図率が変化するか調べてみた。投手が優秀であれば、ヒッティングでも良い結果が見込めないと考えて、バントを選択する割合が高くなるのだろうか。今回は投手のtRA(true Runs Average)がA.3.50未満、B.3.50以上4.80未満、C.4.80以上の3つのグループに分けて整理をした。tRAは値が低いほど優れた投球をしていることを示す。

pict

表9を見ると、投手の能力が高ければ高いほどバント企図率が高くなる傾向がある。

点差を条件に加えた場合についても調べてみた(表10)。

pict

2点以上ビハインドの場合は、投手の能力にかかわらず、バント企図率は低い。それ以外の場合では投手の能力が高いほどバント企図率が高くなる傾向が見られる。

次に投手の能力に加え、イニングによる影響についても検討してみた。

pict

投手の能力にかかわらず、試合序盤のバント企図率が高い傾向が見られた。特に投手のtRAが3.50未満(A)の場合は、序盤に25%近い割合でバントが試みられている。一般に試合の序盤はあまりバントが有効でないとされるが、相手投手が優秀な場合には序盤から1点を取りにいくという意図がはたらいているのだろうか。

続いて、打者の能力と投手の能力の双方を考慮すると、どのような結果となるか調べてみた(表12)。

pict

基本的には、打者の能力が高い(①)ほどバント企図率が低く、投手の能力が高い(A)ほどバント企図率が高くなる傾向は見られる。しかし、能力の高い打者は能力の高い投手と当たってもバント企図率は6.7%とかなり低い。点差や打者の能力と比べると、投手の能力がバントを試みるか否かの判断に与えている影響は小さいといえる。




まとめ


以上の内容をまとめると、イニング、点差、打者の能力、投手の能力はいずれもバント企図率に影響を与えている。しかし、影響の大きさはまちまちで、点差と打者の能力の影響がかなり大きい。投手の能力の影響もそれなりにあり、イニングもある程度の影響が見られた。走者一塁のときと比較すると、イニングがバント企図率に与える影響が小さいという点が大きく異なっていた。

Part2ではバントの成功率に影響を与える要素を検討していく。


市川 博久/弁護士 @89yodan
DELTAデータアナリストを務める弁護士。学生時代、知人が書いていた野球の戦術に関する学術論文を読み、分析に興味を持つ。 その後『マネー・ボール』やDELTAアナリストらが執筆したリポートを参考に自らも様々な考察を開始。『デルタ・ベースボール・リポート3』などリポートシリーズにも寄稿。動画配信サービスDAZNの「野球ラボ」への出演やパシフィックリーグマーケティング株式会社主催の「パ・リーグ×パーソル ベースボール データハッカソン」などへのゲスト出演歴も。球界の法制度に対しても数多くのコラムで意見を発信している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る