• 1.02 Column



6月度の日本生命月間MVPが発表され、野手は柳田悠岐(ソフトバンク)と丸佳浩(広島)が、投手は十亀剣(西武)と岩瀬仁紀(中日)が選手された。今月もデータに主眼を置いた別角度からの評価で、交流戦を中心に行われた6月、最も大きな貢献を果たしていたのがどの選手だったのかを検討してみたい。



圧倒的な打撃で差をつけた柳田、打撃に加え守備貢献も大きかった丸



(こちらの記事の続きは、データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信! 「ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)」にて、お読みいただけます)





関連記事
セイバーで見る3・4月度月間MVP。圧倒的守備力の巨人・坂本、打撃好調の日ハム・近藤が選出【データで解く野球の真実】
西武・秋山&広島・田中が選出。パ2位・源田も示した“強打者”を上回る重要な貢献度とは【データで選出5月月間MVP】
1.02レビュー[NPBの2週間を振り返る007](6.19-7.2,2017)
光る強肩捕手・甲斐の貢献度 ソフトBの「弱みを消す」という戦力アップ
加齢による衰え感じさせないメッセンジャーの投球術
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる

  • 関連記事

  • DELTA編集部の関連記事

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る
©2015-2018 Copyrights Allright Reserved DELTA, Inc.