• 1.02 Column



7月10日に6月度の日本生命月間MVPが発表される。それに先立ち今月もデータに主眼を置いた別角度からの評価で、交流戦期間が長かった6月に最も大きな貢献を果たしていた選手をチェックしていく。



5割近い出塁率に長打が加わった丸。井上、陽川も少ない打席で健闘



(こちらの記事の続きは、データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信! 「ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)」にて、お読みいただけます)





関連記事
【データで選出5月月間MVP】打撃&走塁で圧倒のソフトバンク・柳田、中日・平田は守備で打撃をカバー。与四球の数がカギ握った投手陣
先発か抑えか 「最高の投手」に任せるべきは…
【スカウティングリポート2018】上茶谷大河(東洋大・右投手)
大嶺翔太にプロ野球選手を続けるという選択肢はなかったのか
安打は投手の責任か 防御率では測れぬ能力
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる

  • 関連記事

  • 編集部の関連記事

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る
©2015-2018 Copyrights Allright Reserved DELTA, Inc.