• 1.02 Column


パ・リーグを2008年以来10年ぶりに制覇した埼玉西武ライオンズが、明日よりクライマックスシリーズ(CS)セカンドステージに登場する。今季の西武の優勝は、他球団とは一線を画するオリジナリティのある編成が成功したものだったと見ている。10年前の優勝時は監督を務め、今季はフロントに入り編成責任者を務めた渡辺久信シニアディレクター(SD)が選んだ、攻撃力にこだわり通した戦略は実に見事だった。そしてこれは10年前の優勝時にも感じたことでもあった。


(こちらの記事の続きは、 Yahoo!ニュース個人 岡田友輔「語りだす数字たち」にて、お読みいただけます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る
©2015-2018 Copyrights Allright Reserved DELTA, Inc.