2020年11月8日、巨人の坂本勇人が2000安打を達成した。31歳10か月での達成はNPB史上2番目の若さ、1783試合での達成は8位のスピード記録とのことである。今回はセイバーメトリクスの視点で、坂本がどのように自らの打撃を改造し2000本安打に到達したかについて迫ってみたい。

20代前半は「量」、後半は「質」で安打を積み重ねる



(こちらの記事の続きは、データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信! 「ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)」にて、お読みいただけます)

宮下 博志@saber_metmh
学生時代に数理物理を専攻。野球の数理的分析に没頭する。 近年は物理的なトラッキングデータの分析にも着手。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
数字からみたプロ野球|1.02 Essence of Baseball のご紹介
数字からみたプロ野球|1.02 Essence of Baseball のご紹介

  • 関連記事

  • 宮下 博志の関連記事

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る