• 1.02 Column


DeNA、「中堅・梶谷」の実現で外野の攻撃力アップへ



11年ぶりのAクラス復帰へ、アレックス・ラミレス新監督を迎えたDeNA。 今シーズンの開幕戦では広島のクリス・ジョンソンからもぎとった2点を守りきり、見事初白星を飾った。ラミレス監督は、春季キャンプではベンチから捕手に配球のサインを送るなど、大胆な戦略家としての一面も注目されているが、現状のチームの弱点もロジカルに把握しているように映る。


昨シーズン、DeNAの失点はリーグワーストの598点。毎年、失点の多さから槍玉に挙げられることが多い投手陣だが、昨シーズンの投球内容は悪くなかった。失点の原因はNPBで最も得点の入りやすい横浜スタジアムを本拠地にしていることと、野手陣の守備難によるところが大きいと考えられる。


打撃成績、守備成績を得点換算し、リーグの平均的レベルと比較した数字を使って、昨シーズンのDeNAのポジション別攻守成績を見てみよう。(こちらの記事の続きは、野球・MLBの総合コラムサイト「Full-Count」にて、お読みいただけます)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る
©2015-2018 Copyrights Allright Reserved DELTA, Inc.