• 1.02 Column


2012年に渡米し、7球団を渡り歩き東京ヤクルトスワローズに復帰した青木宣親。久々となるNPBでのシーズンは、127試合に出場し162安打、打率.327と健在ぶりを示す結果を残したが、開幕当初はやや苦しんだ期間もあった。青木がいかにしてNPBへ再アジャストしていったかをデータから探る。


(こちらの記事の続きは、 「スポーティングニュース・ジャパン」にて、お読みいただけます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる

  • 関連記事

  • DELTA編集部の関連記事

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る
©2015-2018 Copyrights Allright Reserved DELTA, Inc.