5月16日、ついにロッテの佐々木朗希が1軍でのプロ初登板を果たした。結果は5回を投げ4失点。初登板としてはまずまずの結果だったが、西武打線から徹底的な足攻めを受けたことが気になった人も多いのではないだろうか。この日佐々木朗は、西武から5度の盗塁を企図され、そのすべてで成功を許した。セットポジションでの投球、クイックなどに問題があったのだろうか。ここでは映像から計測したデータをもとに佐々木朗の課題について検証を進めていく。

西武打線の足攻めに苦戦。クイックに問題があったのか?



(こちらの記事の続きは、データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信! 「ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)」にて、お読みいただけます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る