• 1.02 Column

「元プロ野球選手と生粋のセイバリスト、両者の目に分析の未来はどう映る?」〜リーダーズ・オブ・ベースボール・オペレーションズ 2019 #6、明日開催〜

リーダーズ・オブ・ベースボール・オペレーションズ事務局

2019.10.27

DELTAをご支援いただいている皆さま、いつもありがとうございます。セミナーシリーズ 「リーダーズ・オブ・ベースボール・オペレーションズ 2019」は残すところあと3回となりました。明日、10月28日(月)19時より品川で開催される第6回は、岡田友輔(株式会社DELTA代表)、川井貴志氏(元プロ野球選手・同社コーディネーター)、蛭川皓平氏(同社アナリスト)による鼎談を行います。席にはまだ余裕がございますので、皆様のご来場をお待ちしております。


今回のプログラムでは、本セミナーを開催してきたDELTAの専門分野であるセイバーメトリクス、またさらに広く分析全般の未来に関するお話を、NPBの2019シーズンのトピックと照らし合わせながらさせていただき、さらには2020シーズンに向けた展望も行っていきます。また、元プロ野球選手であり引退後も科学やデータといった角度から野球を学び続けている川井氏と、セイバーメトリクスを知り在野の立場から研究を開始し、現在はDELTAと協力関係を結ぶアナリストである蛭川氏という、ユニークな視座に立つおふたりからの見解をお届けしようというのも今回のテーマでとしております。振り返りと展望に加えて、以下のようなトピックについても語り合います。


「フライボール革命やオープナー戦略……分析の先鋭化と戦術サイクルの高速化はさらに進むのか?」

「分析施策においてNPBがMLBを追随しない選択はありえるのか?」

「インプットデータなど扱えるデータの多様・大量化は、これまでの野球の構造理解に影響を与えるのか?」


また、税理士でもある蛭川氏には、「球団が資産価値を高める上でなすべきこと」といったスポーツビジネス的なテーマについても意見をお聞きできればとも考えております。


セッション後半は参加者の皆さんのご意見や質問に答える形でフランクな討論を行えればと存じます。“外部”の立場からプロ野球の分析に携わってきているDELTAの現在地点、これから目指していくことを知っていただく機会とさせていただければ幸いです。ご参加、お待ちしております!


table
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る