今年のプロ野球は3年ぶりに延長十二回制が復活した。トータルのイニングが増えれば、リリーフの負担は必然的に大きくなる。先発完投型が減り、ブルペンの重要性が増している現代野球。リリーフ投手の登板頻度とパフォーマンスにはどのような関係があるのだろうか。

(こちらの記事の続きは、 「日本経済新聞(電子版)」にて、お読みいただけます)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
数字からみたプロ野球|1.02 Essence of Baseball のご紹介
数字からみたプロ野球|1.02 Essence of Baseball のご紹介

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る