このオフ、日本人選手の米大リーグ移籍が相次いだ。今回、注目したいのはその契約額だ。メッツに入団する千賀滉大(前ソフトバンク)は5年総額7500万ドル、レッドソックスに移籍する吉田正尚(前オリックス)は同9000万ドルといずれも日本円にして100億円規模、年俸にして20億円前後となった。アスレチックスに加入する藤浪晋太郎(前阪神)は325万ドル、出来高も入れると最大425万ドルでの契約だ。

(こちらの記事の続きは、 「日本経済新聞(電子版)」にて、お読みいただけます)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る