• 1.02 Column


盗塁について論じられるとき、しばしば話題になるのが盗塁を助ける打者の存在である。打者のスイングによっては捕手のスローイングを難しくさせることがあり、それが盗塁を助けるというものだ。そのような打者の代表として論じられるのが、2020年にヤクルトからソフトバンクへ移籍したウラディミール・バレンティンである。


(こちらの記事の続きは、野球・MLBの総合コラムサイト 「Full-Count」にて、お読みいただけます)



八代 久通@saber_metmh
学生時代に数理物理を専攻。野球の数理的分析に没頭する。 近年は物理的なトラッキングデータの分析にも着手。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる

  • 関連記事

  • 八代 久通の関連記事

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る