• 1.02 Column


115試合を終えて52勝60敗3分。井口資仁新監督が率いてきた千葉ロッテマリーンズの戦いをあなたはどう評価するだろうか。現時点の順位は5位。しかし、同じ115試合を終えた時点で39勝75敗1分だった昨季の成績や大きな補強がなかったことを考えれば、かなりの善戦とみるべきだろう。この着実な前進を支えているものは何か。数値で見ていくと、「内野陣の再編」が効果を挙げていることがわかる。


(こちらの記事の続きは、 「スポーティングニュース・ジャパン」にて、お読みいただけます)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る
©2015-2018 Copyrights Allright Reserved DELTA, Inc.