• 1.02 Column


広島東洋カープと埼玉西武ライオンズ、首位を走る両チームには、得点力の高さという共通の強みがある。広島なら丸佳浩、鈴木誠也、松山竜平、西武なら秋山翔吾、浅村栄斗、山川穂高など、得点を多く生み出す好打者の名前はすぐに思い浮かぶ。さらに詳しく両チームの打線をチェックしていくと、もうひとつの共通点に気付くのではないか。會澤翼と森友哉という「強打の捕手」の存在である。彼らはずば抜けた成績を残しているわけではないが、他のチームに差をつける上で重要な働きをしているのだ。


(こちらの記事の続きは、 「スポーティングニュース・ジャパン」にて、お読みいただけます)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る
©2015-2018 Copyrights Allright Reserved DELTA, Inc.