• 1.02 Column



青木宣親、ダルビッシュ有と、昨季MLBで活躍しフリーエージェントとなっていた日本人選手が新シーズンの所属球団を決めている。そんな中イチローの契約に関するニュースは届いていない。どうしてイチローの所属先は決まらないのだろうか。現在MLBの中でイチローがどのような立ち位置におり、球団からどのように見られているかを分析した。

10年前と比べるとコンタクト率が低下。特に内角の空振りが増加



(こちらの記事の続きは、データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信! 「ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)」にて、お読みいただけます)





関連記事
楽天先発陣の躍進の裏側 「ゆとりのある投手運用」に迫る
『セイバーメトリクス・リポート1~5』Kindle版発売!
プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1
【野球】DELTAアルバイトスタッフ募集!【甲子園、鳴尾浜】
FA人的補償が引き起こしうる契約上の問題
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る
©2015-2018 Copyrights Allright Reserved DELTA, Inc.