• 1.02 Column



3・4月度の日本生命月間MVPが発表され、野手は山川穂高(西武)と坂本勇人(巨人)が、投手は多和田真三郎(西武)とランディ・メッセンジャー(阪神)が選出された。この表彰は、NPBが表彰タイトルを設けている打率や本塁打、勝利数や防御率といった馴染みのある数字を下地に選手の貢献を計り行っているとみられるが、今回はそれとは別の角度から、同期間における優秀選手を選出してみたい。



山川は28安打中18本が長打。丸は1ヶ月で36四球と図抜けた数字



(こちらの記事の続きは、データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信! 「ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)」にて、お読みいただけます)





関連記事
捕手が真ん中に構えることはどの程度のリスクがあるか
「得点獲得力」で測る打者の価値 現役最強は柳田
内野手の守備範囲を「捕球」と「送球」に分けて評価する
DELTA主催セミナー Leaders of Baseball Operations(リーダーズ・オブ・ベースボール・オペレーションズ)
野球解説者の予想をベースに順位予想を組み立てる ‐2018年版‐
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる

  • 関連記事

  • DELTA編集部の関連記事

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る
©2015-2018 Copyrights Allright Reserved DELTA, Inc.