プロ野球のオープン戦が始まる。この時期、ファンの楽しみのひとつが新人の品定めである。「即戦力」の看板を背負って入団してきたルーキーはとりわけ注目される。前評判以上の活躍をする選手がいる一方、プロの洗礼を浴びていきなり壁に当たる選手も多い。今季の「期待の新人」はどの程度当てにできるのか。4球団競合の末、早大から楽天に入団した155㌔左腕、早川隆久を取り上げてみたい。


(こちらの記事の続きは、 「日本経済新聞(電子版)」にて、お読みいただけます)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加

  • 関連記事

  • 岡田 友輔の関連記事

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る