6月15日、ロッテと中日の間で外野手・加藤翔平と捕手・加藤匠馬のトレードが発表された。2選手はどういった思惑のもとにトレードされたのか。データ分析の観点から考察を行っていく。

トライアル1ヶ月¥0


中日は外野手の攻撃力不足が課題



(こちらの記事の続きは、データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信! 「ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)」にて、お読みいただけます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る