• 1.02 Column



大谷翔平(エンゼルス)は2割6分7厘、20本塁打、菊池雄星(マリナーズ)は8勝8敗、防御率4.20――。データ分析サイトを運営する米国のベースボール・プロスペクタスが先日、こんな2019年シーズンの成績予想を発表した。 大リーグでは毎年、複数のデータ会社が全選手の成績予想を出している。ひいきの選手がどれぐらい活躍するかはファンであれば気になるところだ。こうした予想は何が根拠になっているのだろうか。


(こちらの記事の続きは、 「日本経済新聞」にて、お読みいただけます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る
©2015-2018 Copyrights Allright Reserved DELTA, Inc.