エンゼルスの大谷翔平が現実離れした活躍を続けている。「1番投手」で出場した18日のタイガース戦ではメジャー一番乗りで40号に到達し、投手としても自己最長の8回を1失点と好投した。7連勝で今季8勝目(1敗)を飾り、ベーブ・ルース以来となる本塁打と勝利のダブル2桁達成もみえてきた。前代未聞の活躍はこれまでの評価のモノサシをも揺るがしている。(今季の記録は19日時点、大リーグの数字は米分析サイト「FANGRAPHS」より)

(こちらの記事の続きは、 「日本経済新聞(電子版)」にて、お読みいただけます)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
数字からみたプロ野球|1.02 Essence of Baseball のご紹介
数字からみたプロ野球|1.02 Essence of Baseball のご紹介

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る