• 1.02 Column



ソフトバンクの捕手・甲斐拓也が出場機会を伸ばしている。ここまでほぼ半数のイニングでマスクを被り、実績では大きく上回る鶴岡慎也、高谷裕亮以上のインパクトを残している。

インパクト残す甲斐の強肩と送球技術



(こちらの記事の続きは、野球・MLBの総合コラムサイト「Full-Count」にて、お読みいただけます)





関連記事
新人遊撃手・源田の影響も 好調西武、失点減のメカニズムをデータから探る
2017年12球団遊撃手ゴロ処理プロット(5月19日終了時点)
転換点を迎える西武 球団と中村剛也の選択は?
【DELTAアナリスト】2017年パ・リーグ順位予想
遊撃手・安達の価値と健康
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる

  • 関連記事

  • 編集部の関連記事

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る
©2015-2018 Copyrights Allright Reserved DELTA, Inc.