• 1.02 Column


現在、盗塁阻止率ではパシフィック・リーグは甲斐拓也(ソフトバンク)、セントラル・リーグは小林誠司(巨人)がトップに立っている。だが、両者について捕手の送球能力を直接的に計る「ポップタイム」を見てみると、少し違った数字が出る。捕手が盗塁を阻む方法はひとつではないようだ。


(こちらの記事の続きは、 「スポーティングニュース・ジャパン」にて、お読みいただけます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる

  • 関連記事

  • DELTA編集部の関連記事

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る
©2015-2018 Copyrights Allright Reserved DELTA, Inc.