• 1.02 Column


「よく打たれる」イメージの強い東京ヤクルトスワローズの投手陣だが、セイバーメトリクスを用いて分析すると実はかなり良いピッチングをしていることが見えてくる。ヤクルト投手陣の働きを正当に評価してみよう。


(こちらの記事の続きは、 「スポーティングニュース・ジャパン」にて、お読みいただけます)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る