• 1.02 Column


2018年の日本シリーズは、広島を4勝1敗1分で下したソフトバンクが2年連続9度目の日本一となり幕を閉じた。今回のシリーズではソフトバンクの守備が光った。MVPに選出された捕手・甲斐拓也らソフトバンクバッテリーが広島の盗塁をすべて封じるなど、広島の走塁を通じた攻撃をよく阻み失点を回避していた。ソフトバンクが勝利した4試合はいずれも3点差以内の接戦だっただけに、走塁を巡る応酬の勝敗への影響は少なからずあったはずだ。


(こちらの記事の続きは、 Yahoo!ニュース個人 岡田友輔「語りだす数字たち」にて、お読みいただけます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る
©2015-2018 Copyrights Allright Reserved DELTA, Inc.