鈴木誠也と大谷翔平――日本が誇る強打者の“渡米前2年間”を徹底比較! データから「共通点」「相違点」を解き明かす<SLUGGER>

大南 淳

2022.04.07


2021年、大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)はMLBの歴史に名を刻んだ。そして今年、新たに日本球界のスーパースターが海を渡ろうとしている。鈴木誠也(シカゴ・カブス)である。16年から広島の3連覇に大きく貢献し、東京五輪でも4番を務めた日本球界最強打者だ。奇しくも、鈴木と大谷は27歳の同い年。DELTAの協力のもと、日本最後の2年間を徹底比較。大谷と鈴木の「共通点」と「相違点」を解き明かしていく。

(こちらの記事の続きは、「THE DIGEST」にて、お読みいただけます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
数字からみたプロ野球|1.02 Essence of Baseball のご紹介
数字からみたプロ野球|1.02 Essence of Baseball のご紹介

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る