• 1.02 Column


「粘り強く巧打を重ね、簡単に三振をしないバッター」――。ソフトバンク・中村晃に対し、ファンが抱く印象はそういったものではなかろうか。そんな中村は今季、キャリア最多の14本塁打を記録し、ほんの少しイメージを変える活躍を見せた。中村のバッティングに何か起きているのか。データから探ってみたい。


(こちらの記事の続きは、 「スポーティングニュース・ジャパン」にて、お読みいただけます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る
©2015-2018 Copyrights Allright Reserved DELTA, Inc.