• 1.02 Column


プロ野球はいよいよ2019年のペナントレースが29日に開幕するが、それに先立ち今季を展望してみよう。 セ・リーグに関しては三連覇を果たした広島から、攻撃の中心である丸佳浩が移籍したことが最も大きな変化になるだろう。連覇中の広島は、得点力で他球団に大きな差をつけてきたが、その中心にいたのが丸になる。2018年の丸はリーグの平均的な打者に比べ62.7もの得点を上乗せしている。これを他の打者が肩代わりするのは難しく、さすがの広島も得点力を落とし、他球団が対抗できるようになる可能性は高まっている。


(こちらの記事の続きは、 Yahoo!ニュース個人 岡田友輔「語りだす数字たち」にて、お読みいただけます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る