走塁に関する最もポピュラーなデータといえば盗塁だろう。盗塁は公式記録として採用されており、タイトルの対象にもなっている。ただ「盗塁の数が多い選手=走塁に優れた選手」というわけではない。塁を陥れるプレーは盗塁のほかの場面でも数多く存在しているからだ。では盗塁以外の走塁貢献もデータ化できるならば、誰が最も優れた走者といえるのだろうか。


(こちらの記事の続きは、 「スポーツナビ」にて、お読みいただけます)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る