• 1.02 Column


金本知憲監督のもとで若手の戦力化に取り組む阪神タイガース。特に打線は、糸井嘉男と福留孝介という大ベテランが引っ張る状況を脱することが急務となっており、多くの若手選手にチャンスが与えられている。そんななかで、戦力としてめどが立ちつつあるのが1番セカンドで先発出場を続ける糸原健斗だ。2年目の今季、「三振を避けながら、四球を多く奪う」という個性でチームにインパクトを与えている。


(こちらの記事の続きは、 「スポーティングニュース・ジャパン」にて、お読みいただけます)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る
©2015-2018 Copyrights Allright Reserved DELTA, Inc.