つなぎやバントのイメージが強かった「2番打者像」が変わりつつある。セ・リーグでは巨人の坂本勇人が本塁打、打点、長打率などでリーグトップを走り、優勝を目指すチームの原動力となっている。DeNAも後半戦に入り、「日本の4番」の筒香嘉智を2番で起用し始めた。今回は統計学に基づくセイバーメトリクスにおける打順のセオリーを紹介したい。


(こちらの記事の続きは、 「日本経済新聞(電子版)」にて、お読みいただけます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
数字からみたプロ野球|1.02 Essence of Baseball のご紹介
数字からみたプロ野球|1.02 Essence of Baseball のご紹介

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る