• 1.02 Column



首位争いを演じる阪神は、数年来チームの強みとしてきた投手力を保ちながら、今季は得点力も上昇させている。過去3年、1試合平均得点はリーグの平均を割っていたが、これを上回ることに成功している。その要因に、若返りを図ったレギュラー陣の活躍があるのは誰の目にも明らかだが、具体的に彼らのどんなスキルが得点力を高めているのかを考えてみたい。



阪神の得点力アップの具体的な要因とは



(こちらの記事の続きは、野球・MLBの総合コラムサイト「Full-Count」にて、お読みいただけます)





関連記事
金本監督が求める阪神鳥谷の長打力 新しい打撃アプローチは不振の要因か
大変革は不要――。阪神・藤浪が果たしていた“責任”と改善すべき“1つのポイント”
FA選手の最適球団はどこか ~糸井嘉男編~
“スイングしない打者”山田哲人がスゴイ 際立つ「引っ張り」と「見極め」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る
©2015-2018 Copyrights Allright Reserved DELTA, Inc.