• 1.02 Column



最大の長所である打席でのアプローチに変化あり



阪神の競争力を長らく支えてきた鳥谷敬の不振が深刻だ。打撃、守備ともに振るわず、苦しいシーズンを送っている。


今季新たに就任した金本知憲監督は、鳥谷にチームの変革の旗印となることを期待し、新たな要求をしたようだ。それは主には長打力の向上に関するもので、「20本塁打」という目標が聞こえてくることもあった。


(こちらの記事の続きは、野球・MLBの総合コラムサイト「Full-Count」にて、お読みいただけます)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る
©2015-2018 Copyrights Allright Reserved DELTA, Inc.