今年のプロ野球は若手の活躍がめざましい。ルーキーの阪神・佐藤輝明や楽天・早川隆久はタイトル争いに顔を出し、広島・栗林良吏は東京五輪日本代表にも選ばれた。オリックスでは高卒2年目の宮城大弥がエース級の働きで快進撃に貢献している。
しかし彼らは例外的な存在といえる。鳴り物入りで入団しても、多くの選手は殻を破るのに時間がかかる。レギュラー定着が期待されたロッテの3年目・藤原恭大は2軍に逆戻りし、同学年の中日・根尾昂も1軍の投手に苦しめられている。日本ハムの4年目・清宮幸太郎や3年目・吉田輝星も2軍での修業が続く。彼らにとって「1軍の壁」はどれだけ厚いのか。

(こちらの記事の続きは、 「日本経済新聞(電子版)」にて、お読みいただけます)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加

  • 関連記事

  • 岡田 友輔の関連記事

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る