• 1.02 Column

日本のバント是非に関してはこれから・・・

岡田 友輔

2016.05.13



先日、 The War on Bunting Is Over: The Nerds Are Victorious というコラムがウォールストリート・ジャーナルのサイトに掲載された。内容は、ここ20年で投手を除いた打者のバントをする割合が大きく下がり、戦術が変わったことについて触れている。今季、野手のバントは342打席に1回の割合まで下がっている。この値は9試合に1度しか野手の犠打が記録されていないことになる。


MLBではBill Jamesをはじめ多くの分析家がバントの有用性を疑問視してきた。この指摘は長らく野球界で採用されることは無かったが、1990年代から各チームがデータ分析を取り入れ、野手のバント機会が減少していく。


バント減少の仕組みはこうだ。


セイバーメトリクスの認知度が上がると同時に、各チームはデータ分析に基づいた編成を進めていく。そういったチームを運用するのに、(統率力があり)数理的なアプローチにも理解のある監督が招聘される。その監督がフロントと共に合理的な選択をしていくという工程だ。このMLBのトレンドは「 Extra2% 」や「 Big Data Baseball 」などからも窺える。




NPB野手のバント割合



MLBではバント論争が終結に向かいつつあるが、NPBでバントの選択について過去に変化があったのか見ていきたい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに追加
  • LINEにおくる

  • ピックアップ

  • アーカイブ

執筆者から探す

月別に探す

もっと見る
©2015-2018 Copyrights Allright Reserved DELTA, Inc.